サムエル幼稚園の基本

サムエル幼稚園はキリスト教の精神に基づき保育を行っています。これはクリスチャンになることやキリスト教の教えを広めることが目的ではなく、神様から愛を学び、子ども一人ひとりが『自分は唯一無二の大切な存在である』ことを心に刻み、感謝すること、思いやり、許し合うこと等、心の教育を目標としています。また、子供を真ん中におき、ご家庭と教師が手を取り合い、共に育ち合う温かな教育を大切にしています。

教育理念

よき花(はな)はよき園(その)より

~心の根っこを育てる大切な幼児期だからこそ、良質な教育を~

教育方針

サムエル幼稚園の教師たちは『子どもたちは尊敬すべき存在であること』『一人ひとりの育ちを丁寧に見る事』『教師が主体ではなく子どもたちを主体にし、子どもの声と心を大切にすること』を皆で大事にしています。子どもと共に考え、共に喜び、共に汗をかき、共に泥んこになって遊ぶ教師がそろっています。
このような教師たちと次のような子どもの姿を目指しております。

  • キリスト教の精神に基づき、愛すること、感謝すること、許しあうこと、ができる子ども。
  • 『自分自身はかけがえのない存在』と知り、自分を大切にできる子ども。
  • お友だちの気持ちを尊重できる優しい子ども。
  • 発見や喜びや不思議さに心を動かし、探求していく事を楽しめる子ども。
  • つまずいても自ら立ち上がることのできる明るい子ども。
  • 善悪を判断し、自らを律することのできる子ども。

教育の特色

家庭的な温かな環境で一人ひとりの育ちを大切にするサムエル幼稚園の特色をご紹介いたします。

兄弟保育

年少児は同学年のお友達とゆったりと集団生活を身に付け、年中児・年長児に進級すると、縦割りクラス(3クラス)で過ごし、これをサムエルでは『兄弟クラス』と呼んでいます。
異年齢の関わりだからこそ生まれる「教え合う姿」「学び合う気持ち」「助け合う心」。また「葛藤経験」や「トラブル」も共に過ごす過程で“解決にむかう力”が備わっていきます。少人数の幼稚園だからこそできる“家族のような温かい時間”です。
※尚、体育保育など体の発達の観点や保育活動の内容によって、同学年での活動も実施し柔軟なクラス運営を展開しています。

テーマ保育(プロジェクト活動)

子どもたちにとって遊びは学びです。

子どもたちが夢中になっていること・興味があることを『テーマ』に置き、小グループで話し合い (対話力)、友だち同士でイメージを膨らませながら具現化(協働性)していきます。主体的に活動に参加することや『また明日やろうね!!』と継続した遊びが前向きな思考力や諦めない忍耐力をつけていきます。
ワクワク!ドキドキ!キラキラ!と五感をフル活用しながら夢中になって遊びこむ(没頭体験)こと。この体験が小学校以降の学びに向き合う力とつながっていきます。
―レッジョ・エミリア「子どもたちの100の言葉」より引用

Show and Tell(ショー アンド テル)

お友だちの前で発表を行い、その発表者に質問をしたり、意見を伝えたりしながらプレゼンテーションをしています。「夏休みの思い出」や「今挑戦していること」などテーマを設けて行うこともあれば、子どもたちの生活のなかで発見した事や物、自分で作った作品など、お友だちに伝えたい!という気持ちから始まることもあります。
この時間を通して、“気持ちを言葉にして人に伝える楽しさ”や“人に受け止めてもらう喜び”を感じながら自己発揮をしていく経験を培っています。

お絵描き

子どもの絵は何にも替えがたい芸術の1枚。形や色を評価するのではなく『どんな気持ちだったのか』『なにをイメージしながらクレヨンを握っていたのか』そんな気持ちを丁寧に汲み取り会話していきます。絵に子ども達が教えてくれたコメントをつけ掲示すると、お友だちと見せ合い嬉しそうなお顔を見せてくれます。年長になると自分でもコメントを書きたくなりひらがなに興味を持つ子どもも出てきます。

どろんこ

裸足になり、思いきり五感を使ってどろんこになって遊びます。
普段の生活の中ではなかなか出来ない砂や水の感触を身体いっぱいで感じ心を開放するダイナミック遊びの経験も大切にしています。